乳首が黒ずんでしまう意外な原因について

乳首の黒ずみに悩む女性は大勢いらっしゃいますが、その原因までしっかりと把握できている方は少数だとされています。これは乳首の黒ずみの基本的な対策が黒くなってしまった乳首をどの様に戻すかと言う物になっていて、その原因を突き止め根本的な対策まで行っている女性は非常に少なくなっています。

しかし乳首の黒ずみと言う物は根本的な対策をしない限りは繰り返し発生しやすい問題になっていて、一時的には黒ずみが解消されたとしても時間が経てばまた黒ずんでしまうとされています。

その理由になるのが乳首の黒ずみと言う物はメラニン色素が原因になっていて、メラニン色素は肌への刺激に反応して生成されます。なので仮に乳首の黒ずみが解消された場合でも乳首に刺激が加わりやすい生活をしていた場合には再度黒ずみが発生する可能性が高くなると言えます。

そして乳首への刺激になる物と言えばお風呂で体を洗う際にこすってしまう事が挙げられますが、それ以上に大きなポイントになっているのが下着で特にサイズが非常に重要になっています。

例えばブラジャーのサイズが大きすぎた場合ですが、この場合はカップと乳首の間に空間が出来やすくなります。そうなってしまうと体を動かした際にカップの内側と乳首がこすれてしまい、それが刺激となりメラニン色素が生成されやすくなります。

一方ブラジャーのサイズが小さすぎた場合ですが、こちらは胸が強い力で締め付けられた状態になります。したがって、乳首はもちろんですがバスト全体に負荷がかかってしまい、乳首以外にも背中や肩などが黒ずんでしまう危険性が出てきます。なので、ブラジャーは自分にジャストフィットしたサイズを選ぶ事が乳首の黒ずみ解消に繋がっていると言えます。

乳首の黒ずみは洗い方を工夫することで予防できる場合もある

乳首が黒ずんでいて悩んでいる人というのもいるはずですが、それは日常の中の何気ない行為が原因になっている可能性もあります。それは丁寧に洗いすぎているということです。

お風呂では乳首の部分も洗うことになると思いますけど、そのときに強く洗いすぎることで、強い摩擦が生まれます。
その摩擦がメラニン色素となって身体に定着してしまうことがあるのです。

例えば、身体を叩いたり、つねったりするとそこが赤く腫れたりすることがあると思うのですが、それと同じ仕組みになります。

外的な刺激があるとメラニン色素が身体に定着することがあるので、それが乳首に起きると黒ずみの原因になってしまうのです。

そして、乳首に対する外的な刺激として1番強いものと言えば、やはりお風呂で身体を洗っているときになります。そのときに強く洗いすぎて、それが毎回続いていると積み重ねによって乳首にメラニン色素が定着して、色が変わってしまうことがあります。

弱い刺激ならば、一時的に色が変わることがあってもすぐに元に戻ることがほとんどだと思いますが、その刺激が強すぎたり、継続的に刺激が発生したりする場合には、なかなか元に戻りません。したがって、乳首の黒ずみを予防するということにもつながりますが、乳首を洗うときには、意識して強くなりすぎないようにした方が良いです。

弱めにというよりは強くならないということを心がけると良いということなのです。

乳首の黒ずみは多くが気にする部分だと思いますが、日常生活の中の何気ない行為が原因になることもあるので、予防するためにこういったところは覚えておきましょう。

簡単に乳首の黒ずみを解消したいなら乳首の黒ずみクリームがおすすめです。

乳首の黒ずみクリーム選びにはコチラのサイトがいいでしょう。→【乳首をピンクにする方法】乳首の黒ずみクリーム口コミランキング!